読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

-オナルプスの手違い-

映画の感想やら日記やら告知やら。基本的にネタバレなし。

DOCUMENTARY OF AKB48 NO FLOWER WITHOUT RAIN 少女たちは涙の後に何を見る?

f:id:pon69:20121229204253j:plain

 監督:高橋栄樹

 

昨年誰もが「え?ほんとにアレ面白いの?」と疑ってかかった映画ナンバーワンの前作から一年後、2012年のAKB48激動の一年を追ったドキュメンタリー映画。

 

前作と負けず劣らずの大傑作!

ドキュメンタリーという形だが、前作とは違うベクトルで、尚且つ今をときめくアイドルAKB48という媒体でしか出来ない手法でテーマを表現する。

 

今回は大きく分けると前田敦子卒業による影響」「アイドルの恋愛」の二つ。

卒業した前田のあっちゃんはまるで桐島。センターという存在がいなくなることによって動き出す48グループ。人気や自分の地位が永久に続くことはないということを先陣きってメンバーに示す前田敦子の勇姿。次期センターと呼ばれる数人の心の葛藤。

そして始まる第二章。

 

「アイドルの恋愛」、つまりそれは”アイドルとして生きるか、少女として生きるか”を選択すること。正解がないその答えを選択し、彼女たちは自らの人生を歩む。それぞれの答えを本人達が語る姿に震えた。

特に、恋愛バレしてAKBを辞退したメンバーに「なぜ恋愛をしたのですか?」という質問をする場面があるのだが、それに答える瞬間は正に"夢から解放された瞬間"を写してしまった。

他にも監督の演出があったからこそ生まれる、演出を超える瞬間がたくさん映画に収められている。ドキュメンタリーの真髄を観た。

 

たかみなが言ってた「普通の人は恋愛されるのに、私達の恋愛は応援されない」というコメントは、この台詞だけピックアップしたら誤解されるに決まってるのにネットのニュースでは悪意ある取り上げ方してたのが気に食わなかった。この台詞にはとても重い真意があることに気付かず「何を今更言ってんのw」という人たちがいるから悲しい。映画、ぜひみて。でも、そういう人はこの映画を観ないもんな。

 

ドキュメンタリー映画を大スクリーンで観るいい機会だと思うので、少しでも興味ある人は前作をレンタルすることをおすすめします。傑作なので。まさに、今観るべきドキュメンタリー映画だと思います。

 

監督はTHE YELLOW MONKEYの第五のメンバーと呼ばれていた高橋栄樹監督。

ちなみに、峯岸坊主事件は周りのスタッフ止めろよ!とも思うのですが、峯岸の確信犯な気がしてなりません。こじはる、じゅりなかわいい。すき。

 

え?!ゆきりんもう丸坊主しちゃったの!

f:id:pon69:20130205154710g:plain