読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

-オナルプスの手違い-

映画の感想やら日記やら告知やら。基本的にネタバレなし。

タラ監督のタラタラ会話演出の原点『レザボア・ドッグス』

f:id:pon69:20131107015658j:plain

監督:クエンティン・タランティーノ

 

色々タランティーノの作品は観てるけど、なぜかスルーしていた今作。

タランティーノの色んな映画で出てくる無駄(いい意味で)に長いおしゃれ会話ってのはコレが原点であり、ファンはこれが楽しいんだな〜と初めて知った。知れてよかった。

 

音楽と編集、構成は流石タランティーノ。キャスティングも映画ファンが観たいキャストを集め、とにかくツボを刺激するということに集中させて楽しかった。

ただ、やっぱドンパチとか超絶クールを勝手に期待してしまったのが悪かったのか、あまりノレなかったのは事実。タランティーノ作品でも物凄く好きな作品も無いし、作品的にあんまり合わないんだろうなとデビュー作を観て確信したのも一つ、でも面白いんだわ。それを分かっただけでも観てよかった。

おし、次はパルプ・フィクションだ!