読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

-オナルプスの手違い-

映画の感想やら日記やら告知やら。基本的にネタバレなし。

第85回アカデミー賞の感想

f:id:pon69:20130204130115j:plain

予想もなにもしていなかったので、結果だけを受け止めることいなってしまった今年のアカデミー賞。

 

とりあえずざっと書くと

作品賞は「アルゴ」

主演男優賞はダニエル・デイ=ルイス(「リンカーン」)

主演女優賞はジェニファー・ローレンス(「世界にひとつのプレイブック」)

助演男優賞はクリストフ・ヴァルツ(「ジャンゴ 繋がれざる者」)

助演女優賞はアン・ハサウェイ(「レ・ミゼラブル」)

監督賞はアン・リー(「ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日」)

脚本賞は「ジャンゴ 繋がれざる者」

脚色賞は「アルゴ」

主題歌賞は「007 スカイフォール

作曲賞は「ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日」

美術賞は「リンカーン」

編集賞は「アルゴ」

音響編集賞は「ゼロ・ダーク・サーティ」「007 スカイフォール

録音賞はレ・ミゼラブル

外国語映画賞は「愛、アムール」

長編ドキュメンタリー映画賞はシュガーマン 奇跡に愛された男」

短編ドキュメンタリー映画賞は「Inocente(原題)」

短編実写映画賞は「リッチーとの一日」

メイクアップ&ヘアスタイリング賞はレ・ミゼラブル

衣装デザイン賞はアンナ・カレーニナ

視覚効果賞は「ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日」

撮影賞は「ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日」

長編アニメーション賞はメリダとおそろしの森

短編アニメーション賞は「紙ひこうき」

 

とにかく、主演女優賞にジェニファー・ローレンスが輝いたのはとても嬉しい!世界にひとつのプレイブックの演技は本当に素晴らしかった!とはいうものの、他の主演女優賞ノミネート作品を一つも観ていないのもあるんだけど。世界にひとつのプレイブックの感想はこれ→ http://ponnosuke.hatenablog.com/entry/2013/02/24/014420

作品賞が『アルゴ』になり世界が湧いた!と言っても、いまいちアルゴにピンと来なかったので、劇場で再上映するからもう一度観に行きます。 

助演女優賞はレ・ミゼラブルアン・ハサウェイとな!ダークナイトライジングのキャット・ウーマンのケツが受賞したともっぱらの噂ですね。

監督賞にライフオブパイのアン・リー。これは・・・演出とアイデアが評価されたんだろうな。原作の味付け方もうまかったんだろう。でも俺はデヴィッド・O・ラッセル監督の方が上手と感じましたがね。

脚本賞にはジャンゴ!これは期待だ。映像的に楽しみなのに、脚本が評価されているとなると期待はさらに高まる!ムーンライズキングダムが受賞してほしかったなーというのはちょっと思ったりしている。

メイクアップ賞をとったレ・ミゼラブル。これには納得いかない。あのラストのヒュー・ジャックマンは明らかに年をとってるようには見えなかったし、時間の経過をメイクで表現しきれているとは到底思えなかった。時代を再現するのは当たり前の努力だと思う。それなら単純にホビットにあげてもよかったような。

一番俺が納得いっていないのは、長編アニメーション賞をとった「メリダとおそろしの森」だ!なんでこんな映画が!盛り上がりもないし、主人公の動機が浅すぎて行動についていかなかった。かわいくもないし、CGがキレイなのは髪の毛だけじゃないか。それならフランケンウィニーの方が確実に面白いし、きっとシュガーラッシュの方が面白いはず!なんでメリダなんだ!パラノーマンじゃだめだったのか!なんでだ!

 

ま、とりあえず思ったことはこれぐらい。

 

日本アカデミー賞のことも色々書きたいけど、一応アカデミー会員なのであまり書けません。とりあえず俺はもちろん桐島推しでございます。はい。

f:id:pon69:20130227000837j:plain